相続不動産の売却【節税対策】|愛知・名古屋の不動産売却をお考えの方へ

相続不動産の売却【節税対策】

節税対策としての相続不動産売却

相続不動産の節税対策では、主に「相続税」「固定資産税」「譲渡所得税」の3つの税金の特徴を押さえておかなければいけません。一つずつ解説していきましょう。

相続税

相続財産が高額になると相続税が発生しますが、相続財産のなかに現金が少ない場合は、「相続税を払えない・・・」というリスクも出てきます。相続税の納税資金に不安がある場合は、相続不動産を売却して、そのお金を相続税納付に充てることも検討しておいたほうがいいかもしれません。

【ワンポイント】
不動産を売却することで現金化でき、相続税の納税資金に充てられる!
節税ができているか?
相続税が発生する場合

相続税は、相続財産の総額が「基礎控除額」を超える場合に発生します。基礎控除額は、「5,000万円+1,000万円×法定相続人の数」で計算します。例えば、相続人が3人の場合は、「5,000万円+1,000万円×3=8,000万円」が基礎控除額となるため、相続財産の総額が8,000万円を超えない限り相続税は課されません。なお、基礎控除額は平成27年1月1日より、「3,000万円+600万円×法定相続人の人数」になります。上述の場合では、4,800万円が基礎控除額となります。

相続税の納付期限

相続税の納付期限は、相続人が被相続人の死亡を知った日から10ヶ月以内とされています。そして、原則として現金で一括して納付する必要があります。「相続不動産を売りに出したけどなかなか売れない・・・」といった場合は、納付期限を過ぎてしまうこともありますので、できるだけ早めに売却準備に取りかかることが大切です。

固定資産税等

「親の不動産を相続したけど、使い道がない・・・」といったケースは少なくありません。今の時点で誰も利用しておらず、今後も使う予定のない土地・建物を相続した場合は、そのまま持っていても固定資産税等がかかるだけです。

解決策としては、相続不動産を「有効活用する」か「売却する」のいずれかです。相続人が家を新築して住むのも有効活用ですし、アパートやマンション、テナントビルを建てて賃貸経営をするといった選択肢もありますが、このような活用が考えにくい場合は税金と維持費が掛るため、売却するのが賢明でしょう。

【ワンポイント】
不動産を売却することで、固定資産税の負担から解放される!

譲渡所得税

「相続した不動産を売ろう!」と決めた場合も、売却して利益(譲渡益)が出たら譲渡所得税を納めなければいけません。相続税を納めた上で、さらに譲渡所得税も払わなければいけないのは、税金を二重で課されているようで納得がいかないという方もいらっしゃるでしょう。

こういったケースの救済策として、「相続税の取得費加算の特例」という規定が認められています。これは、相続発生から3年10ヶ月以内に相続した土地を売却した場合は、納めた相続税を取得費に加算できるというものです。譲渡所得税を算出する際、取得費に納めた相続税額を加算することで譲渡益を減額でき、譲渡所得税額を抑えられます。

【ワンポイント】
相続発生から3年10ヶ月以内に相続した土地を売却すれば、譲渡所得税を軽減できる!

相続不動産売却の注意点

相続した不動産を売るというのは、そう簡単にできる決断ではありません。売却しようかどうしようかお悩みの方は、以下の注意点も踏まえた上でご検討ください。

相続税評価額が高くなる

相続が発生する前に不動産を売却する場合は、売却(現金化)によって相続税評価額が高くなります(現金のほうが不動産より相続税評価額が高いため)。

収益源がなくなる

相続不動産がアパートやマンション、駐車場など賃貸経営の対象になっている場合は、売却によって収益が得られなくなります。

譲渡所得税がかかる

上述の通り、相続不動産を売却して利益(譲渡益)が出たら、譲渡所得税が課されます。

借金を相続してしまうリスクがある

被相続人に借金などのマイナスの相続財産があるときに相続不動産を売却してしまうと、相続を「単純承認」したこととみなされ、借金まで相続してしまいます。単純承認の後で「相続放棄」をすることはできないため、注意が必要です。

相続登記が必要

不動産を相続した場合、被相続人名義から相続人名義に変更する「相続登記」が必要になります。この相続登記をしないと、自分の判断で不動産を売却したり、担保にしてお金を借りたりすることができません。

節税対策を考えるとき、相続不動産の売却というのは有効な選択肢になりますが、必ずしも売却することが正解とは限りません。売却以外でも効果的な節税対策が可能な場合もあります。

適切な判断をするには、信頼できるパートナーの力が欠かせません。売却を決めている場合も、売却しようかどうしようか迷っている場合も、お気軽にランドファブリックにご相談ください。当社は不動産売却専門の仲介業者。名古屋を中心に愛知県全域の不動産売却をサポートしています。

ケース・物件別不動産売却の注意点とポイント

不動産売却成功事例

Blog ランドファブリックの 不動産ブログ

公式 Facebook

Powered by イー・ローン
住宅ローン シミュレーション
Pagetop