事業用不動産・投資用不動産の売却|愛知・名古屋の不動産売却をお考えの方へ

事業用不動産・投資用不動産の売却

事業用不動産売却の注意点

店舗・オフィス・倉庫・工場などの事業用不動産の売却は、居住用不動産の売却に比べると難しくなってきます。なぜなら、居住用不動産と違って用途が限られるため、買い手の「絶対数」が少なくなるからです。この特徴をしっかりと頭に入れた上で、買い手の候補を絞り込み、最適な情報公開・情報伝達を行うことが大切です。

買い手は何のために買うのか?

事業用不動産を売却する際は、買い手が「何のために買うのか」を想定するようにしましょう。事業用不動産を購入する目的は、「自社で利用するため(自社用)」か「テナントを入れて賃料を得るため(投資用)」かのいずれかであり、目的によって売却想定金額も変わってきます。

事業用不動産の査定においては、建物の修繕状況や問題点だけでなく、土地の境界確認、近隣との権利関係など、多角的な視点で漏れなく情報を把握しておく必要があります。さらに、立地特性や近隣のマーケット調査を行うとともに、「どのようなビジネスが最適か」「そのビジネス・用途でどのくらいの売上が想定できるか」といった分析をした上で、売却戦略を立てていかなければいけません。

愛知県の事業用不動産の売却をお考えの方は、ぜひ名古屋の不動産売却専門業者「ランドファブリック」までご相談ください。自社用・投資用、それぞれの成約想定価格から売却価格を算出し、高価売却のためのアプローチをご提案いたします。

投資用不動産売却の注意点

投資用不動産を売却するにあたっては、「利回り」を把握しておくことが重要です。現在の入居者の賃料などから算出する収入額と、固定資産税や管理費などの支出額を正確に把握しておきましょう。なお、正確な査定を行うためには、以下の書面をご用意いただく必要があります。

  • 賃料が分かる賃貸借契約書
  • 管理費が分かる管理委託契約書
  • 固定資産税が分かる書類
  • 水道代・光熱費・固定費が分かる書類 など

「投資用」で売るか「居住用」で売るか?

マンションなどの投資用不動産の場合、そのまま「投資用不動産」として売却するよりも、入居者が退去してから「居住用不動産」として売ったほうが、高く売れることがあります。この点を検証するには、投資用物件としての金額と、居住用物件としての金額の双方を比較する必要があります。

利回りを良くしてから売ったほうがいい!?

マンションやテナントビルなどの投資用不動産の場合、現在の収支に基づいた利回りでそのまま売却するよりも、管理費などのコストを削減して、利回りを良くしてから売った方が高く売れることがあります。

投資用不動産の高価売却を実現するためには、多面的な物件検証が欠かせません。愛知県の投資用不動産の売却をお考えの方は、ぜひ名古屋の不動産売却専門業者「ランドファブリック」までご相談ください。

ケース・物件別不動産売却の注意点とポイント

Blog ランドファブリックの 不動産ブログ

公式 Facebook

Powered by イー・ローン
住宅ローン シミュレーション
Pagetop