相場チェック|愛知・名古屋の不動産売却をお考えの方へ

STEP1 相場をチェックする

まずは相場を知ることからはじめましょう

不動産の売却を検討する際、最初に行うこと――それは「相場を知ること」です。売りたいと思っている不動産が、一体いくらくらいで売れるのかを調べます。名古屋の不動産売却専門業者「ランドファブリック」が、不動産売却の流れ「STEP1 相場をチェックする」について、詳しくご説明します。

なぜ、相場を知ることが重要なのか?

不動産を売るときには、「いくらで売却するのか?」を決める必要があります。多くの場合、不動産業者に価格査定を依頼しますが、最終的に売却価格を決定するのは売主様自身。見当外れの価格設定をしてしまうと、売れるものも売れなくなってしまいますので、相場を押さえておくことは重要です。

相場は、不動産会社の専用Webサイトやチラシなどを見て、売却を考えている不動産に立地や間取りが似ている物件を探し、その価格をチェックすることで大まかに把握します。ただし、用途・築年数や細かい仕様などによって価格は異なるため、不動産会社に机上査定を依頼する方がほとんどです。

不動産価格についての考え方

不動産の価格についての考え方には、3つのポイントがあります。

POINT1同じ不動産はない

同じエリアで、似たような条件の不動産であっても、まったく同じ物件は存在しません。土地の形や面積、道路への接し方、またマンションであれば階数、方角、管理状況など、どこかが異なるものです。この特徴の違いは「個別性」と言われますが、不動産の価格はこの個別性によって左右されます。「似たような物件だから同じくらいの価格で売れるだろう」と期待して売却すると、後悔することになってしまうかもしれません。

POINT2取引時点によって価格が変わる

不動産の価格は、同じ物件であっても取引をする時期(取引時点)によって大きく変化することがあります。取引時期は、不動産市場の全体的な相場の動きやトレンドを踏まえて検討することが大切です。

POINT3最後は売主・買主の合意で決まる

不動産売買は、売主・買主が出す希望条件を調整し、双方が合意することで価格が確定します。つまり、合意に至らなければ、いつまで経っても売却はできません。希望の価格で売れるとは限らないことを理解しておく必要があります。

引事例比較法について~土地・マンションの基本的な価格査定方法~

土地やマンションの査定方法として一般的に用いられるものに、「取引事例比較法」という方法があります。これは、売却しようとしている不動産と似たような不動産をピックアップし、過去の取引価格を基準として価格を査定する方法です。

取引事例比較法の流れ

STEP1時点修正

売買を考えている土地や戸建・マンションと似た不動産をピックアップし、その不動産の価格をベースにしてポイント修正を行い、対象不動産のおおむねの価格を査定します。加えて、市場全体の動向や取引時期なども踏まえて価格調整を行います。これを「時点修正」と言います。

STEP2個別性の比較

土地であれば形や面積・高低差、道路との接し方など、マンションであれば立地・階数や間取り、方角・コンセプトなどの個別性を比較します。

STEP3最終的な価格査定

売却する不動産が取引事例より優れているか、劣っているかによって価格を調整し、最終的な価格査定を行います。

不動産を売りたい方へ~売却の流れ~

Blog ランドファブリックの 不動産ブログ

公式 Facebook

Pagetop